子どもがほしい

不妊について

妊娠のプロセス

  1. 卵巣内部にある卵胞はホルモンの働きで発育し、各月経周期に一度、卵子を排出します。
  2. 卵子は卵管采に取り込まれた後、卵管に送られ、膣から子宮を通って進入してきた精子と出会い受精します。
  3. 受精した卵子は子宮へと移動し、子宮内膜にくっつき(着床)妊娠が成立します。

不妊の原因

不妊のプロセスのどこかに障害があると、妊娠し難くなります。

不妊の原因は一般的に女性にあると思われがちですが、男女ほぼ半々といわれています。
具体的には次のような原因が考えられています。

  1. 排卵障害(高プロラクチン血症やその他ホルモンの分泌異常)
  2. 卵管が狭かったり、つまっている。
  3. 子宮の形が異常(受精卵が着床し難い)
  4. 子宮や卵巣の病気(子宮内膜症、子宮筋腫など)
  5. 免疫学的な問題(卵子または精子に対する抗体)
  6. 子宮の入り口を精子が通過できない(頸管粘膜液が少ないなど)
  7. 精子の数が少ない、または、動きが悪い
  8. その他、原因不明

診察にあたって

望んでいるのに2年以上妊娠しない場合は、検査を受けましょう。
特に月経不順がひどかったりする場合は、早めに受診しましょう。
受診する時は2、3ヶ月分の基礎体温の記録を持参しましょう。

女性の場合、一通りの検査を受けるのに3ヶ月ほどかかる場合もあります。
男性に原因があることも考えられます。

ページの先頭へ戻る